別れ方は基本的にこだわらなくていい

セフレとはいずれ別れるものですが、どうやって別れればいいのか悩む人も多いかもしれません。
ただ、セフレとの別れ方に関しては、基本的にはこだわる必要はないのです。

なぜなら、セフレというのは気軽に付き合えて、気軽に別れられる関係なのですから、どうやって別れればいいのか一々悩むこともないのです。
普通に一言「今月までにしよう」と言って、それで別れればいいのです。

相手も、それを承知の上で付き合っているわけですから、大半の人は受け入れてくれるはずです。
仮に受け入れてくれなかったとしても、気にせずに別れれば問題ありません。

逆に、相手から突然別れを告げられても、それをしっかりと受け入れないといけません。
それがセフレ関係なのですから、それを分かった上で付き合っているはずなのですから、拒否してはいけないのです。

何だか少し味気ないと思うかもしれませんが、気軽に別れられてこそ初めてセフレは成り立つわけです。
もし簡単に別れられないのであれば、それはもはやセフレではないのです。

もしも、簡単には別れたくないという気持ちを持っているのであれば、最初からセフレを作るべきではないのです。
セフレの付き合いをしている以上は、別れたくないという気持ちを持つべきではないのです。

例えば、どれだけ仲の良いセフレ関係であろが、別れは突然のように訪れるものなのです。
でも、だからセフレとして付き合うことができたわけですし、別れに背を向けてはいけないのです。

結論を言えば、別れるのに理由も何も必要なければ、別れる方法なども一切考えなくていいのです。

関連記事

    None Found